拝合わせ縫いのボックス

初めて拝合わせ縫いをしてみました。
なにが難しいって、
接合部分をお互いに45度に切り出すのが難しかったです。

革包丁でやってみたけど、
とてもとても45度にはできず、、、

最終的に、セーフティベベラを使って、
45度に削りとる方法が一番綺麗に、簡単にできました。

ネットでは、色々な治具を作ってるみたいですけど、
それも単純に場所とるしね。

そして、ゴム糊で接着し、
軽く菱目を打った目印と、反対の目印を、
菱キリで穴を開けて、後は普通に手縫いでした。

ほんとに45度以外は難しいことはなかったですね。

で、出来上がったのがこちら。
C5BB3808-2963-4B01-B346-FD980BCD11E8.heic

EA500263-552B-41FB-A4CE-1A9EBB4F5CDE.heic
8DFB06CA-EB51-48A3-8B6F-C39B745F3743.heic

練習用に1mm弱の床革を3枚重ねて接着したものを使い、
10cm角で作成しました。
なにか小物入れにいいんじゃないかな?

この記事へのコメント

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
こちらをクリックしていただけると助かります。